返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

つれづれなるままに3

飲みニュケーションについて、日本生命保険が調査した結果が、ニュース記事ででていました

必要と答えている人は男性で60%超、女性で50%超のようです。年代が上がるにつれ、必要と回答する方が多いようです。

最近は、職場の人と、「敢えて」飲みに行くことは、ほぼ皆無となりましたが(私は)、若い頃は、先輩によく連れて行ってもらい、奢ってもらったりもしました。

奢ってもらうのは多少気が引けましたが、当時、オレ達も先輩たちに奢って貰ってきたから、順繰りだ!みたいなことを言っていましたね。

当時は、先輩に、仕事上の愚痴とか、会社の不満とか、ぶつけてたように思います(もちろん言える人にです。)。それで、諭されたり、同意してもらったりしてました。何かを解決しようというよりも、話をすることに、意義があったように思います。

私が参加しているフルートアンサンブルでも、飲みニュケーションまがいのことをすることがあります。最近は、メンバーも忙しくしているので、ほとんど無いのですが。。。

飲み方のときもありましたが、お茶会のときもありました。こういう会があると、練習のときにはできない、突っ込んだ話になったりもするので、みんなの距離間が縮まりますね。練習に集まるだけでは、話する時間が少ないのですね。

このように、お酒を飲んでも、飲まなくても、集まっても、指しでも、相手と話をすることが大切なんですね。

さて、新入社員の頃、当時の部長との会話は苦痛でした。飲んでも、飲まなくても。

なぜか?

それは、彼は答えにくい質問が多かったのです。
もちろん、学んだことも非常に多く、私も考え方に、多くの影響を与えた方だと思っています。

彼の目的は、若い人の声を以て、会社を改革しようと考えていたのではないかと思います。そういう目的で雇われてましたし。

えっと、話が逸れましたが、飲みニュケーションが嫌がられるのは、上司と部下など、強い主従関係のように、利害関係が強い人と飲むという行為が敬遠されるのでしょうね。お説教くらったりするでしょうし。

あとは、酒癖の悪い人がいたりとか、場違いに騒いだりする人がいたりとか、単純に面倒とか、いろいろあるでしょうね。

飲みニュケーションは、いい面も、よくない面もありますが、仲良くなり、水魚の交わりとなることもあれば、犬猿の仲になったりすることでしょう。

要は、何でもそうですが、物事の悪い面に焦点を当てれば、悪いものになり、よい面に焦点を当てれば、よいものになる。ということではないでしょうかね。