返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

自分で判断しよう

「本物」とは、

1)にせものやつくりものではない、本当のもの。また、本当のこと。
2)見せかけではなく、実質を備えていること。本格的であること。

デジタル大辞泉より。

「本物が見える」とは、本当のものや、本当のことが見えるということになる。

さて、本物の定義は何だ?ということは置いておき、本物の実態が、点でなく、球体であったとすると、本物は多面的なものになるから、その人が見たものは、ある面から見える本物であるということになる。もちろん、ある面から見ても本物、異なる面も本物ということになる。

つまり、この仮定において、「本物が見える」というのは、その人から見えた見せかけではない本当のものが見えているのであって、全ての面から見た本物を見ているとは限らないのである。

本物が見える人が、ある人について人物を評したとする。そして、ある人について、「先を行っている雲のうえの遠くにいるような存在で素晴らしい人だ!」と表現したとしよう。さらに、「ある人と今出会えばよかったね!」と付け加えたとしよう。

そのような評価を聞いた時期のある人について、表で表現している言動と、裏での言動は異なる人物だったとき、本物が見える人は、果たして本物が見えていたのだろうか?という疑問がわく。また、表裏が異なる人に、そのとき出会ってよかったのであろうか?という疑問も同時にわく。

上記で、本物の実態が球体として存在すると仮定した。そうすると、本当が見える人は、ある面から見れば、本当を見ているということになるから、確かに本物が見えることに違い無い。

そうすると、「本物が見える」というのは、本物を見ているにせよ、それが全ての本物ではない、ということだ。

まぁ、あれだな。全てを鵜呑みにしてはいけないということだ。本物が見える人の言うことは参考程度に、自分の心眼で判断するのがよいということだな。