返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

枠を超えていく

スタンス

どのようなスタンスでいるのかが大事。
スタンスは意識と置き換えてもいいし、思想と置き換えてもいいし、考え方と置き換えてもいい。

いままで培ってきた自分の中の概念は、本当にそれでいいのか?

疑ってみる。疑問に思う。
広い視野で、高い視点で、俯瞰してみる。

例えば、新たなメソッド、システムに触れたとき、
その具体的なスキルを、自分の作っている概念内で学習しようとして理解するか、自分の概念を壊して、自分の中の概念外を理解しようとするか。得られるものは結果は変わってくるだろう。

教えてもらうことだけでなく、気づいて「もの」にしていくこと。そういうスタンスでいるということ。全ての気づきは、身の回りに転がっているということに気づくこと。

自分が自分自身の宇宙とつながることが大事。
自分自身の宇宙とは、本来の大元の自分のこと。

大元の本来の自分とつながったとき、不要な縛りは解かれている。また、不要な縛りを解くと、大元の自分と出会える。