返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

他人が教えてくれること。

人の振り見て我が降り直せ!

とはよく言ったものですね。

元々の原因が自ら発していたとしても、直接的にでも間接的にでも、他人の振る舞いで、気分を害することがあるかもしれません。

又は、いわれのないことを見聞きしたとき、やはり、気分を害することがあると思います。

そんなとき、怒り狂って反撃したくなると思うかもしれません。又は、悲しみのあまり、鬱々としてしまうかもしれませんね。

でもですよ。冷静になってみれば、チャンスが訪れたと考えることができませんか?

だって、自分に変化をもたらすチャンスですよ。自分のざわついた感情を抱き参らせる。抱き参らせるのは、他人ではなく、自分自身なのです。

このチャンスに感謝しかありません。いかに自分の傲慢さ、慢心などが現れ、いかに感謝が足りなかったことか。

他人を通して映し出されるわけですよ。

ご恩を頂いた方々には最大限の感謝ですし、そうでなかった人にも感謝ですね。

他人が私のよくなかったことを教えてくれ、それを直すことができる。そういう方向にもっていければ、良い方向に向かっていきますよね。