返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

春ですね。

ついこの間、雪が降ってたと思ったら、
もう、桜が咲きそうなんですよ。
早すぎますね。

ある方のお話で、
時間は未来からやってくるのだとか。

それも一理あると思いました。
だって、物理学の世界でさえ、
時間の概念は無いという証明を
試みられているのですから。

実は、時間に方向性はなく、
未来に向かって進んでいるようにも、
未来から向かってくるようにも、
どちらもあるのでしょう。
(意図は違うかもしれません。)

だから、いま、
この瞬間、この瞬間が大事というわけで、
いま、ここに意識を置いて、
日々を丁寧に営んでいく、
ということになるのですね。

そして、
自ら発動する意思が大事
というわけです。

例え、人の話を百万遍聞いても、
結局、

「自分はどうするのか?」
「自分はどうしたいのか?」
を想い、考え、少しでも行動に移す。

ということが、
自身の変化、変容に繋がってたり、
するのですね。

これ、注意しなければならないのは、
相手を思って、というのが、
出した答えだったとき、

自分にとっては、
実は、
結果的に好ましいものでは無い、
ということがあるのです。

一度、立ち止まって、
自ら省みる。
という作業をしてみるのも
いいかもしれませんよ。