返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

思いつくままに16

外の世界のせいにしている間は、
いつまでたっても変わらない。

よく聞かれることだと思います。

あの人が●●だから、私は●●なんだ。
あれが●●だから、私は●●なんだ。
とかね。

自分の中の世界が、
外の中に反映されているとしたら、
「●●だから」というのは、
実は自分の中にあるのかもしれません。

例えば、
自分が誰かから寂しい思いをさせられた
と思ったら、
自分も他の誰かに対して、
同じ思いをさせているのかもしれません。

もちろん、全部そういう構造になっている
とはいいませんよ。
そういうことがあるだろうということです。

受けたことが嫌だったなら、
他人に対して同じことをしない
ということですね。

もし、自分は良い行いをしている。
他人にこれだけのためになることをしている
というのは奢りです。

自分の心の中を、心の動きを点検することは、
やはり大事なことですね。

私もまだまだの人です。
抜けたようで、抜け出していない、
そういったところはあります。

見えない世界をどんなに勉強したって、
自分のことに、気がついていくことが
大事なことですね。