返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

思いつくまま4

「人気商売だからね。」

そのフレーズを聞いて、
人前に出て、何らかのパフォーマンス、
または、
人前にでなくても、何らかの表現することを
生業にする人は、
みんな人気商売なんだな~と思いました。

例えば、
音楽家、画家などの芸術家、
サッカー、野球などのスポーツ選手、
政治家、セミナー講師、塾講師、
トレーナー、料理人などなど。
みんな人気商売といえば、人気商売だな~と。

人気になる以前は、
もてる能力を精一杯発揮して、
その時点で最高の表現をしたと思います。
その結果が、現在の人気につながっている
というわけですね。

ところが、日本人というのは、
人気が出て(出過ぎて)、
その後になって、実のところは、
パフォーマンスが低下していたとしても、
人気があるというだけで、
支持されることが、
往々にしてあると思います。
人気が信用力につながっているのですね。

そして、それが、
日本人のブランド信仰に
つながっていくのでしょう。

一方、それを逆手にとって、
キャッチャーなことを繰り返して、
人気が出て、信用力を得れば、
人がついていくわけですな。
そうやって、ある一種のブランディング戦略
ができるわけですね~。

おや、もしかすると、
新興宗教の教祖様も、
同じことかもしれませんね~。

人気だけに目を奪われず、
その物事の本質的な良さを見抜く
目利き力、審美眼といった力が、
これからの時代に
もっともっと必要になってくる
かもしれませんね。

目利き力、審美眼は、
いいものをたくさん見て、
いいと感じる感性を養っておくことが、
重要なんだそうです。

たくさんの人、物、事にであって、
いいと感じる心を大事にしたら
良いのでしょうね。