返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

無償化はいいことか。

私学高校の無償化って、変ではないか?

公立を無償化するのは理解ができるのです。
だって、先生は公務員だし、もともと公費が入っているだから。

なんで、私学が無償化の対象になるのかがわからない。私学にも公費が入っているし、その上、無償化となると、私学の収入源は公費ばっかりになるのではないかと思うのです。

公費が増えれば、金が出れば口もでるで、私学独自の教育もやりにくくなるだろうし。
より画一的な教育になるかもしれないよね。
もっとも、教育の現場は大きく変わっていることも知っているけどね。

そりゃ、私学が無償化されて、公費が投入されれば、一方では学校経営も楽になって、他方では親御さんの負担も減るなら、両者が得するでしょ?と思うかもしれないよね。

でもね、一方では、財政健全化とかで、所得税、住民税等の直接税の税率が上がれば、結局、未来を担う子供たちに負担がかかるし、消費税が上がれば、親御さん自身の生活にも大きな影響がでるよね。

私たちは、いかに近視眼的な視野しか持ち合わせていないのだろうか?と嘆いてしまう。

子供が減っていると言うのなら、公立を全面無償化して、公立に行くことを推進したほうが健全ではないかい?

増えすぎた特色の無い私学は合併併合を促して、少し淘汰したほうがよいのではないだろうか?

私学だって、一民間団体なんだから、甘やかし過ぎは良くないでしょ?

でもね、選挙に負けるから、こんなこと、誰も言い出さないよね。

まぁ、そうはいっても、いろいろと事情があるのでしょうが・・・。