返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

雨の終戦記念日

8月15日終戦記念日
今年は雨だった。

ドラマなどで聞いてきた、玉音放送から流れてくる
「耐え難きを~耐え、忍び難きを~忍び」というフレーズが思い出される。
ここで、戦争が終結とされているのが日本では一般的である。

昔、学校の授業では、習うことはなかった。
なぜ、戦争に至ったのか。なぜ、負けるに至ったのか。なぜ、原爆が落とされたのか。
本当に侵略戦争だったのか。もし、侵略戦争なら、なぜ、無謀とも思える侵攻を行ったのか。
不思議だった。

さて、先の大戦に関係するドラマ、アニメでの切り取り方はいろいろだ。
作者、編集者が、先の大戦をどのように描きたいかで、景色が変わる。
また、それを見た者の印象も多様になる。

戦時下であっても,立派な立ち居振る舞いをした者もあれば、
戦地で暴れまわって、狼藉を働いた者だっていただろう。
どんな状況だったのか。その場にいた者にしか分からない。

一部だけを切り取って、侵略戦争だったと定義とされてしまったり、
やむにやまれず戦争に突入せざるを得なかったとされたり、
欧米列強からのアジアの解放のための聖戦であったとされたり。

先の大戦で、戦地に赴く若者の中には、嫌々行かされた者もあったかもしれない。
けれど、愛する人々の幸せのために、国を残すべく、戦地に赴いた者もあっただろう。
純粋に国のため、天皇陛下のためと思って戦地に赴いた者もあっただろう。

いつの世も、例外はあったとしても、ほとんどの若者たちは、理由はどうであれ純粋だ。
その純粋さを利用されて、戦争が推し進めたという見方もできるし、
その純粋さ故に、西洋列強からのアジアの解放を実現したという見方もできる。

立場が違えば、見解は、必ずと言っていいほど、相違する。
子供たちのケンカをみてみるがいい。
お互いの言い分が違うことがわかるだろう。
どっちも、自分たちの立場を有利にしようとして、多少の誇張なり、虚偽まがいの発言もあるだろう。

これが、支配するような争いとなると、話は随分と酷くなる。
謀略、暴挙の限りを尽くし、最後は勝利した側が、有ること無いことを並べ立て、
勝利した側の正当性を喧伝し、最終的に確定した歴史にしてしまう。
これは、人類始まって以来、脈々となされてきたことである。
歴史の真実は、本当のところは誰にもわからない。
たとえチャネリングしたとしても、証明する術がなければ、一説にすぎない。
真相は闇なのである。

断っておくが、ここでは、戦争の是非を問おうとしているのではない。

戦争反対と叫んで、デモに参加したところで、それは争いをしているに過ぎない。
かといって、反戦論者を否定したところで、それも争いをしているに過ぎない。

個人だけでなく、私達全体の生命の危機に直面すれば、争わざるを得ないだろう。
アニメ進撃の巨人であっても、人類の危機にあれば、争うものだ。
反戦論者であったって、人喰巨人と出会えば抵抗するだろう。

話がそれた。

さて、そういった中で、私達には、何ができるのか?

私達にできることは、争おうと、争うまいと、
ご先祖に顔向けできる生き方、お天道様に恥ずかしく無い生き方を目指すことではないか?
正々堂々と、勝負し、散るときは潔く散り、
勝利したとしても、見下すのではなく、かけるべき情けが有れば、それをかける。

例えば、われらの日本史を見てみよ。
たとえ英雄であったとしても、力に任せて勝ち、その上さらに負けた相手を辱めた者は、
後世にまで恨みを買っていることに気付くだろう。

私達の国には、神道がある。武士道がある。神仏が集合されている。
縄文のいにしえから脈々と続く、2000年を優に超える文化を持っている。
当然悲しい歴史を抱えてもいるが、
そこには、慈悲だったり、愛だったりするものが確かに存在している。

私利私欲にまみれた生き方ではなく、公のために何ができるのか?
自分と自分の身の回りの世界がどうあるべきなのか?

そういったことを創造していける人々が増えていったら、
少なくとも、心から平安な世界が広がっていくのだろう。

そして、それが、やがてこの国を形作るビジョンとなっていく。

私たちにできることは、この国土と自然を愛し、
先人たちに敬意を表し、受け継いだ時代から、新たな時代を築き、
次の世代に、恥ずかしくないバトンを渡すほかはない。

終戦の日に思ふ。