返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

自分の流れで

無数のタイムラインがあるとしても、流れが無いときには、そこには行かない、行けない。
それでも、行動した価値は大いにある。

そのタイムラインが早まるし、それを引き寄せることにつながるから。

 

どんだけあがいてみても、どれほど焦ってみても、やはり、無いものは無い。

全ての人が同じように行動しても、全ての人に同じことが起こるということでもない。

その人にあったものだけがやってくる。

 

転機というものは、その人固有のタイミングで迎える。

他人が先に進んだことを気にするな。

キミにも必ず、キミがするべきことが巡ってくる。

そのときのヒントを、そのときのサインを見逃すな。

 

他人の意見は、大いに参考にしたらよい。

でも、他人の言動や、行動に惑わされるな。

考える軸はキミの中に置け。

最後の最後の決断は、キミにしかできないのだから。

最善の道を歩め。

愚直でいいから進め。

いま目の前のことに誠意をもって取り組め。

できる限りの力をそこに注げ。

それが次につながる。

損得勘定は、一時的な得にしかならぬ。

 

キミにはキミのやり方があり、他人には、他人のやり方がある。

何事も、一気には進まない。一気に進んだように見えるのは、助走期間があるからこそ。

そして、いまが、たとえ、冬の期間であったとしても、冬以外の期間と同じように楽しめ。

そうなれば、春はもっと楽しいものになる。

 

キミが楽しむという状態にあるとき、回りの他人は、幸せな気分になる。

キミが喜ぶとき、回りの他人も一緒に喜んでいる。

キミがいい状態であるとき、キミが見る世界は変わっている。

 

大丈夫。

何も心配することは無い。

そこにはキミが選んだ道しか無い。

生き方、在り方は、キミだけが知っている。

他人がくれる示唆をどう捉えるかは、キミのセンスにかかっている。

 

それだけなのだから。