返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

結果として

期待に応えよう、とかね。
評価を貰おう、とかね。
そんなのは意外と邪魔になるってこと。

 

そりゃね、欲が出てね、評価してもらおう!って思う気持ちがムクムクっとするときもあるよ。

 

でもね、いま目の前のことをね、自分が納得いく程度に力をかけると、結果として、評価されてしまうということ。

 

あ~、でもね、一人よがりでないということがポイント。自分軸なんだけど、

一人よがりではないってこと。だからといって、相手に媚びていないってこと。

力をかけた結果がね、たとえ自己満足でしかないとしても、相手のことをね、少しでも考えたかってこと。

 

それによって、力をかけたものに対して、エネルギーの入り方が違うのよ。

だからね。

目の前のことに、あるだけの力をかけるとどうなるか?
少なからず、エネルギーが入ってるでしょ?パッションを感じるでしょ?

 

その結果、評価されてしまうということになる。

 

ここで注意なのは、評価は万人からされるものでも無いってこと。

たとえ、一人の人から評価されるってことだって、とっても素敵なことなんだよ。

それを受け入れる。

 

どう?少しは自信がもてたでしょ?