返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

協力しあう。

自分の流れを大切にすること。

これって、周りの雰囲気に流されることを大切にすることではないですよ。自分のすべきことをしたうえで、意識を向けて、どこまでも、流れに乗っかることを大切にするということです。
わかりにくいですよね(笑)

往生際悪く、ジタバタ動いても、あれこれ考えても、流れが無い時には無く、無いものは無いので、何も前に進んでいないことになりますね。こんなときは、流れに逆らっていることになりかねませんね。

感じたら行動も、「感じた」が思考だったりすると、行動したところで、流れは来ません(笑)

それでも、行動することで、意識付けにはなるので、行動すること自体が悪いことではありませんよ。その行動した結果をどうみるか?です。

流れを大事にするのは、どこまでも流れに乗っかって、来るべきタイミングを捉えるのですよ。流れの中で、そのセンサーをはっておくのです。センサーは、掴もうとするものに対して、意識を向けておくことですよ。

さてさて、こういうことは、男性よりも、感覚に優れた女性のほうが得意かもしれませんね。

男性は、ひょっとすると、過去の成功体験とか、過去の自己のデータに照らし合わせることをたよりにして、掴もうとするかもしれません。それでは、間に合わないかもしれませんし、時代がどんどん変わっているいま、その成功体験が邪魔になる場合があるかもしれません。

いやいや、男性が劣っていると言いたいのではありませんよ。男性は、女性よりも、ロジックに考えることが得意ですよね。

一般的に、男性は女性を、女性は男性を理解できない生き物と捉える見方もありますが、だからといって、理解し得ないものとせずに、お互い、いいところは見習って、男性と女性が得意な能力を出し合って協力できれば、お互いに補完しあって、新たな流れを起こすことだって、十分に可能ですよね。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。