返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

癒されたいのかも。

最近話してて思ったこと。

セラピストになりたい人って、実は、自分が癒されたいのかな?
セラピストになりたい人の全てでは無いと思うけど。

自己価値が低くて、自己承認欲求が強くて。
自分の力で他人を癒やしてあげられるという願望。それによって、自分の価値を高められるという幻想。見えない力を使えるようになるという優越感。見えないパワーへの憧れ。

こういう状態の人がセラピストになったとすると、セラピストは、自分を通して施術することになるから、癒されたいと思って来てくれるお客さまにも影響を与える。また、来てくれるお客さまも同じような状態の人だったりするから、自分も影響を受ける。

だから、セラピストが整っていないと、セラピストを、お客さまも危険な状態に陥るということになるのでしょうか?

もっとも、セラピストが、それに気づき、自分の状態を整ったものとしていくようになれば、セラピストもお客さまも、ともに、いい状態になるのでしょうね。

まぁ、最初から完璧は無いからね。
慢心せず、常に、自分の状態がどうであるかの確認を求められるということでしょうかね。