返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

夏至の気づき

夏至の当日。

私、並み居る先輩方を差し置いて、
あることで表彰されることになりまして、
全く予想だにしていなかったことで、
喜びよりも、驚きのほうが強く、
かえって、周りの人のほうが喜んでいる、という。。。

そこで、思ったのですが、
周りが喜ぶということは、
それを妬みに思う人もいるわけでして、
思い過ごしならいいのですが、
若干の意図が感じられ、、、

それで、そういうことを避けようと、
いつも、人の後ろに隠れて、
目立たないようにしようとか、
できない人の振りして、
あなたの方がスッゴいです、といって、
2番手、3番手、うん番手で、
人の影に隠れて、
自分を守ろうとしているのですね。

それが私のこれまでの習性でした。

それで、何年かまえに、
「みんなの希望の光にならないと。」
なんてことを言われたのを思い出し、、、

あるワークで、
「この世界の王になる」
という宣言があったのもまた思い出し、、、

コレをずっと拒否していたのだな~、
と言うことに気づいたのでした。

やっと、気付きのお茶会を縁ある方々と
始めることができ、2回は順調に進みました。

ですが、夏至過ぎてから次回開催は、
みんなの都合がバラバラのようで。
最大公約数を探ろうと思いましたが、
最初に決めた日程で執り行おうと決めました。

どういうエネルギーを入れて望むのか、
これも再びのお試しなのですね。

きっと、そんなことを肚で決めてしまえば、
スムーズに進めるということですな。

自分とのパートナーシップ。
自分を信じきれるか。
新時代は、そこからスタートです。
私の場合。