返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

Planet-地球編

地球編のストーリー。

頭の中には構想はあるのだけど、アウトプットしようとすると、なかなか進まない。アウトプットしても、話が面白くない。

まるで、自分の中に得体の知れないわだかまりがあるように。アウトプットさせない何者かが存在している。

でも、これは、自分にとって書く意味があるのではないか?そう思うようになってきた。

この間の気づきのお茶会で、プロローグ的内容を取り上げて開催したあとで。
開催中には気づかなかった。何らかのわだかまり。
書くことで、潜んでいる何かが現れてくるかもしれない。
強烈な葛藤があるわけではないけど、とても引っかかる何かがある。

最近のキーワードにしている、「その先の世界」を考えたとき、書いた先には何があるのか。

もっと書きたくなったら、書くことに集中して書いてみよう。頭の中にある構想のとおりに展開しなくても、もっと面白いストーリー展開があるかもしれないしね。

もしかしたら、思考に捕らわれているかもしれないよね。

次の話はもう少し待っててね。不定期に、また書き始めようと思うから。