返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

思い出していくこと。

良いとは思えないことも、良くなるように起こっている。

「最善の一手は何か?」

昨日頂いた言葉。頂いた言葉を噛みしめる。すると、その言葉の意味がわかってくる。

その最善の一手のために、必要なことはだんだん思い出していく。必要なことは、必要な時期に使えるようになっていく。
使えるようになっているとしても、使えないと思ったら、とたんに使えなくなる。使いたいと思ったら、確実に使える。そういうものらしい。

あとは使い方。
どうしたいのか?どうでありたいのか?という意思エネルギーによって使うことができるけど、その根源の思想が悪いと、変な方向に行っちゃうよ。

今日は何のことかわからないね。