返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

価値の一つについてだらだらと。

未だに結婚に価値を見出せない。

そう言った方がいました。
その方は夫婦仲はいいそうなのです。

他にも、何で結婚て話になるのですか?
結婚なんて形だけでしょう?
パートナーとの仲が良ければ、それでいいじゃないですか?違いますか?
そう言った方もいました。

さて、結婚の価値ってなんなのでしょうか?

社会的な信用が上がるとか、古い会社なら出世が早くなるとか、ただ単に、いつまでも一緒にいたいとか、結婚は人生の墓場とか、経済的支えとか、いろいろな考え方があるでしょうね。何が価値と思うかは人それぞれですね。

そして、実際に結婚したら、別々の世界観を持っている者どうしが生活を始めるので、たとえば、些細なトラブルがあったり、それが連続したり、子供が産まれたら、教育方針とかの違いがでてきたり、いろいろな現象が起こりますね。
さらに、互いの両親が乗り出してきたら、もっと複雑化してしまうかもしれませんね。そんな状況になってくると、何のために結婚したのか?何で一緒にいるのか?という疑念が生じますね。

現在の形の結婚制度は、明治以降に作られたという話がありますが、それ以前の結婚というものは、どうだったのでしょうかね。

時代が進んで、結婚制度が今のものと違ってきた
ら、例えば、いま巷で騒がれている不倫で叩かれるということは無くなるのかもしれませんね。

ですが、人の喜怒哀楽は、時代が変わっても、そうそう大きく変わらないでしょうから、泣く人はいるかもしれませんね。

さて、今の結婚制度では、夫婦間の縛りが強く感じることもあるでしょうが、一昔前と比べると、離婚も普通になってきました。

だから、なおのこと、結婚することに利点があるのか?結婚することのメリットは何なのか?と思うわけで、実生活での利点は少なく感じるかもしれません。

財産、相続の話は、それをしだすと、ややこしいことになるので、それは専門家に任せたいと思います。

ところで、結婚すると、多くに場合、一つ屋根の下で、他人と一緒に生活を始めますね。そうすることで、相手をよく知ることになり、いずれ自分のことも知るところに至ります。

子どもが産まれたら、子供を通して、親だったり、他人の有り難みだったりに感謝を覚えますよね。そして、人としての成長だったり、魂が磨かれていったりして、内面の進化が促されたりするのかもしれませんね。

これは、楽しいこと、嬉しいこと、ばかりでなく、怒りに思うことや、悲しいと思うこと含めてトータルでやってくることですね。

そういったことは、結婚という形をとらなくたってできるじゃないか?ということもあるでしょう。

はい。そうだと思います。

ですが、私たちは、いま現在の制度の中でできあがった観念の中で生きています。その観念を通すからこそ湧き上がる感情を体験し、気づきが得られるすることがあると思います。

窮屈と思う体験や、窮屈な中で、お互いを思い量ったり、すりあわせる努力をしてみたり、強い結束が生まれたり、一方で、離婚に至ったとしても、離婚までの経緯や、実際の離婚という体験を通して、人の深い負の感情を理解したりすることは、貴重な体験だと思います。

100ある体験のうち、100の全てが均等に楽しいことではないと思いますが、面白く無いことでも、どうやって楽しさを見いだすか、それを互いにどうやってしていくか、ということも価値の一つに数えられるかもしれません。

目先の利益のみだけでなく、自分の魂を輝かせるための選択。必要で選択した道。日々の選択。
その選択をしたそれこそが、結婚という形をとって得られたの価値の一つと言えるかもしれません。

結婚は単なる制度に過ぎないので、結婚する必要が無いと思う方は、結婚しなくてよいのです。本当は結婚自体に価値が全く無いのかしれませんしね。

これを男性目線、女性目線から切り取ったらどうなるのでしょうかね?

今日もお読みいただき、ありがとうございます。