読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

どうしたいのか?

あなたはどうしたいの?

これは困った質問です。
なぜ困った質問なのでしょうか?

一つには、自分を基準として考えてないから。言い換えると、自分のこととして考えていない。または、自分軸で考えていない。ということが考えられます。

どうしたいの?は、人生でしたいこととか、大きなことではありません。

何を食べるか、食べないか、そこに行くか、行かないか、するか、しないか、続けるか、止めるか、そのような日常の選択一つ、どうしたいの?ということですね。

あなたのしたいようにしてもいいよ。
という選択も、どうしたいの?
の答えとして、有りだと思いますが、
後になって、不平、不満、文句を言わないことです。
たとえ、言ったとしても、決めたことは、最後までやりとおしたほうがいいでしょう。

どうしたいの?という答えを、
気まぐれで決めるのも、有りだと思いますが、
他人を振り回すことが無いようにしたほうがいいでしょう。この場合、知らず知らずのうちに、
他人を振り回していることが多いかもしれません。

どうしたいの?という答えが既に決まってて、
他人に相談して決めるという場合もあるでしょう。
他人に相談しても、決めるのは自分です。
上手くいかなくても、相談相手のせいではありません。

結局、どうしたいの?の答えは、自分の中にしかなく、自分を見つめることがないと、難しい質問になってしまうのでしょうね。

私?
パートナーと関わる場合、「で、あなたはどうしたいの?」という質問の答えは難しいことが多いですね(笑)

今日もお読みいただきありがとうございました。