返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

あなた劇場

いつまでも、付き合ってられません。
何に?
あなたのワガママに。

いつまでそこに留まっているのですか?
欲しい欲しいの世界に。

あなたの苦しみは、本当の意味では私はわかりません。
その苦しみは誰かに癒やしてもらったとしても、それは一時的なものに過ぎないのです。
だから、その苦しみを、本当に癒やすことができるのは、あなたしかいないのです。

身の回りから、人がいなくなっていくのは、実は、あなたが招いていることです。
あなたが自ら遠ざけておいて、相手の気を惹こうとしても、もう相手も気づいています。

それで「見捨てられた」と思っても、それは、自分で見捨てられるように、あなたが仕向けたことなのですね~。

もし、それに気づいているなら、他人の力を借りたとしても、自分で自分を見つめて、本当に変わっていくことを決心することです。

もしかしたら、何度も何度も、決心してきたかもしません。だけど、これまで以上の決意がいる時期を迎えているかもしれません。

もし、それができないのであれば、欲しい欲しいの世界に住み続けるだけです。
むしろ、その世界が好きなら、無理して出ようとせず、そこにいたほうがよいのではありませんか?

要は、あなたがどこにいたいのか?ということだけなのです。