読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

受容。許容。

自分に厳しいというのは、自分への許容が不足していること。
それは、自分に求めるレベルが高過ぎることでもある。

でも、そのことは、現在の自分の地点と、自分の求めているレベルとのギャップを埋めるために、一つ一つ積み上げていくための原動力にもなる。

だけど、これは両刃の剣。求めているレベルに一気に到達しようとすると、苦しくなって、潰れてしまう。
だから、自分のペースで、地道に、しっかりと、地面を踏み固めて、進んで行く。

マイナス減点方式で自分を評価してしまいがちになるが、小さな一里塚をクリアしていく度に、よくがんばった!といって、自分を褒めることだ。

そうしていく内に、掲げた高い目標はクリアしていく。少しずつ。一歩一歩。マイペースで。決して他人のペースに乗らない。乗ったとしても、乗り方が大事。
それが自分を許容していくコツだろうな。

ところで、自分に求めるレベルが高いということは、他人にも高いレベルを要求してしまいがちになる。
今はできなくったって、その自分をしっかり許容していくと、他人に対する許容も大きくなる。

そうして、器を大きくしていくのだ!

今日もお付き合い頂き、ありがとうございます。