返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

一抜けた。

僻んだり、拗ねたり、いじけたりするのって、どこからくるの?

なんで、そういう行動をとるのか?
それは、構ってほしいから。
それは、愛情が不足しているから。
それは、存在を認めてほしいから。

でもね、そういう態度をとってても、一時的に貰えるだけで、ずっとは与えて貰えないんだよ。そういうパターンで居続けると、いつかは愛想を尽かされるんだ。もう、そんなドラマの中に浸っているのは止めようよ。
与えてくれる人と、住む世界が変わってくるかもね。

そうしているうちに、見放されたと勝手に思うようになる。もう、そんな重苦しいエネルギーは、不要なんだけどね。

そういうことに気づいてほしいから、一時的に与えてくれるだけなんだよ。その間に、そこから抜け出して、今までのパターンを打ち破るのを待っているんだよ。

もう、時代は舵を切っていると聞く。それなら、自分で気がついて、軽やかな波に乗っかろうよ。きっと、そのほうが楽しいはずだよ。

そうはいっても、もし、いつまでも与えているのなら、それは、与えているほうも、依存させたい、という欲求が潜んでいるかもしれないんだよね。

または、与えているほうも、寂しさを感じているのかもしれないよね。

とにかく、自分をもっと、深く知ることだ。
自分と向き合うことは辛いけど、必要な時に、必要なだけ掘り下げておくと、きっと、世界観が変わってくる。

いま、もしつらかったとしても、軽やかに過ごして行くために、ここで匙投げずに、踏ん張りどころなんだ。と思う。

今日もお付き合い頂き、ありがとうございました。