読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

Ayumi

ねぇ、あれからどうなったのかな?
ねぇ、あれこれとうなだれてたのかな?

ボクたちが出逢うことはきっと計画されていた。
ボクたちが別々の道を歩むことも計画されていた?

あの眩しい光の日々が懐かしいよ。
何もかもが、何もかもが輝いて見えた。
あの薄暗い地下のフロアさえも。
あの古めかしい風呂屋さえも。

また戻りたいなんて言わない。
あのときとは違うけど、
いまどきは違うけど、
今は別の世界にいるから。
今は他の正解があるから。

ねぇ、幸せはどこにあるのかな?
ねぇ、しわ寄せがどこかにいってるかな?

ボクたちが再び出逢うことは無いと確信できる。
ボクたちは別々の未知を進んでいると確信できる?

このまばゆい世界に棲んでいるんだよ。
何もかもが、何かかもが鮮やかに見える。
あの七色に光る星空でさえも。
あの背筋が凍る寒空でさえも。

もう戻りたいなんて言えない。
あの世界はもう過去の産物だから。
あの世界はもうしまってる産道。
この世界をもう翔ってる参道。

ねぇ、幸せだったかい?
ねぇ、この世界を楽しめたかい?

ボクはきっと言おう。充分やりきったって。
キミときっと言おう。共に走りきったって。
そして、そして次も共にあろうって。