返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

調和的な生き方とは。

調和した生き方がしたい。
ということは、少なからず不調和なあなたがあるということ。

あなたの中に、例えば、羨ましいと思う気持ち、妬ましいという気持ち、蔑む気持ち、攻撃的だったり、批判的だったり、蹴落そうとしたり、騙そうとしたり、貶めようとしたり、そんな不調和な感情が潜んではいないでしょうか。

不調和な感情を抱いているとき、あなたは、あなたの外にある世界によからぬ反応をしているということ。外の世界からよろしくない影響を受けているということ。

そんな状態が行き過ぎとなったとき、その不調和な状態が自分に返ってきて、あなたは、あなた自身が考えているような行動できなかったり、体調不良で寝込んだり、目を手に当て、耳を手で覆い、口を閉ざして、塞ぎ込んだりするかもしれません。

自分軸とよく言われますが、自分軸がより太くなっていけば、外の世界に翻弄されにくくなることでしょう。

気づきが増えれば増えるほど、自分を理解すればするほど、自分軸が太く強くなるのだろうと思うのです。

ところで、楽しいことの効用は、楽しい状態にあるあなたの波動が高くなるということ。波動が高い状態にあれば、波動の低いものは遠ざかっていき、波動の高いものがよってくるということ。

つまり、あなたから発する振動数がより高い状態にあれば、あなたが発する声もより高い振動数となって、周りに届いていくことでしょう。

そして、振動数の高い状態で生きることができれば、その生き方は、より調和的な生き方となるのです。

楽しいことを仕事にするということは、こういうことかもしれませんね。

※気付きのシェア会やります。詳細もう少し待ってね。

今日もお読み頂き、ありがとうございました。