返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

学びや、気付き。

人は学ぼうと思えば、どこからでも学べる。
人は気付こうと思えば、いつでも気付きが得られる。年齢すら関係なく、いつ何時でも。

学びや、気付きなんて、特別な誰かだけが得られるのではなく、誰だって得られる。私も、あなたも。
何をどう気づくか?何をどう学んだかだけ。

欲望や、願望は、誰しも持ち合わせているものだけど、それが他人の欲望や、願望と結びついたとき、欲望や、願望が増幅して、かえって厄介なことが起こったりする。

例えば、深層心理の中で、お金や名誉を求めて、誰かと組むことになったとしよう。その誰かは、もっともっと大きなお金を求めて、個人のエゴを満たすためだけのお金儲けしか考えてなかったとする。

そうすると、上手いこと使われるだけで、公益性が損なわれてしまって、思っていたことと違う現実を引き起こすかもしれない。

それでも、不思議なことに、その厄介なことを抱え込んだ人に対して、助けが来たり、支援者が現れたりするものだ。

結局、助けとなる人や、支援者となる人も、その厄介なことを抱え込んだ人を通して、学びや、気付きがを与えることになる。それは、実務上の学びであるかもしれないし、生き方の学びであったりするかもしれない。

ある出来事に対して、どう捉えるかは、あなた次第、私次第。

なぜ、そうなるのだろうか?
なぜ、そうなったのか?

そう考えただけで、多くの学びや、気付きが得られるものである。

知らず知らず欲を追いすぎると、別の形で、帳消しにするだけのお釣りがやってくることもある。