読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

Absolutely

一つの考え方は、あくまでも一つの考え方であって、絶対ではない。当初想定していなかった結果が待っていることもある。

たとえば、その当時はある意味、正しい側面を持った考え方だったとしても、時代が下れば、その正しさが仇となる場合もある。

あるいは、こっち側から見れば、多くの人にとって、喜ばしい解釈であったとしても、あっち側から見れば、苦々しく思うこともある。

要は、人のすることに絶対はなく、絶対という観念でいることから対立が生まれる。

もがいて、苦しんでも、どっちみち、孫悟空のように、お釈迦様の手のひらで遊ばされているに過ぎなかったりする。

どうやっても、最後は委ねることになる。人知を超える力が働いていることがある。

どんなに固い信念があったとしても、柔軟性をもってすれば、打開策は見つかる。

どうでしょう?