読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

Be one'sself

自分の世界を生きる。

誰かに合わせようとして、自分の世界から降りることはない。あなたの世界観が好きな人もいる。

その一方で、離れていく人もいるだろう。誰かが離れたなら、それは仕方のないこと。
時間軸が、まとってる空気感が、持ってるエネルギーが、今までとすでに違ってるかもしれない。

今まで、誰かに合わせようとして、自分のスタイルを捨ててきたかもしれない。これからは、自分のスタイル、自分のカラー、自分の世界観を、全面に出してもいい。そういうタイミングが来たという。

自分の世界で生きるか否かは、自分で選択すること。これまでのパターンで生きてもよく、自ら湧き上がる新たなパターンを生きてもよい。

でも、自分の中から湧き上がる考えや感情を、自分のスタイルで、目一杯表現してみると、気持ちよく生きられて、さらに、あなたのファンみたいな人が集まってきますよ!ということなんだと思う。