読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

Planet-earth-9

(では、やってみますか?) 「ほんとにできるの?ていうか、細胞とお話するって何?」(細胞とお話するというのは、あなたの意識と細胞の意識と対話することです。やりたくないのですか?) 「えっ、やります。やります。やらせてください。」(わかりまし…

ゆりかご

白く大きく輝く星から、 ゆりかごが発進した。 ゆりかごにはひとりの小さな赤ん坊が乗っていた。 そのゆりかごは地球に向かっていた。ゆりかごは、ゆりかごを待っているパパとママの元へ到着した。 ゆりかごから出てきた赤ん坊を見て、抱いたママとパパは、…

Planet-earth-8

(たまお。たまお。) どこからともなく、私を呼ぶ声がする。誰かが私を呼んでいる。まわりを見渡すと真っ暗だ。(たまお。たまお。) また私を呼んでいる。もう一度、今度はゆっくりと後ろ振り返ると、見覚えのある青い球が見える。(たまお。気がつきまし…

技術の進歩とは?

ちょっと前に、ある大学が、学内の研究者が「安全保障技術研究推進制度」に申請することを禁止する方針を決めた、という内容のニュースをみました。 このニュースをみて、そういう制度があることを初めて知りました。と同時に、禁止する学校もあるし、推進す…

Planet-earth-7

病室に着くと、麻尋がベットの脇に腰をかけていた。「麻尋さん、こんにちは。環緒は未だ?」 「あぁ、絆愛ちゃん。そうよ。未だね。」 「麻尋さん、心配だね。環緒の意識がいつまでも戻らなくて。」 「そうねぇ。あの子は、小さいころから、いつもお転婆して…

Planet-earth-6

あれから、数日が経った。 環緒の意識は未だ戻らない。 しばらく降り続いた雨がようやく上がった。久しぶりに姿を見せたお日様は、まだ濡れているアスファルトから湯気が出るように、強い日差しを地面に照らしつける。 警察の話では、環緒の事故は、自損事故…

Planet-earth-5

絆愛(りあ)が病院に着いたころ、雲行きが怪しくなってきた。 遠くのほうの空では時々、稲光がみえる。 絆愛の心の中を写すかのように、今にも泣き出しそうな空模様になってきた。絆愛は、環緒のことを心配しながら、病院の待合い室で待っていると、突然、…

ダラダラと綴った。

焦り。比較的落ち着いて見られることが多いのですが、 結構焦ったりしてます。落ち着いてすれば、うまく運ぶのですが、 これが頭でわかってても、身体と心は、焦るようなのです。長年染み付いた、正解を求めようとするクセ、上手くやろうとするクセ。その裏…

夢に出てきたネコさん

今日みた夢。夢の中で、ベンガルみたいな、黄色いネコさんがうちにいました。 ↓こんなの夢の中では、黄色い、ベンガル柄のネコさんを飼ってるっぽく、わたしを見て、笑っています。 笑っているというのも不思議ですね。夢の中では普通なんですが。それで、何…

Planet-earth-4

何かが迫ってくる。物凄い勢いで。背筋が寒くなった。パトカーかと思って、スピードを少しだけ落とした。 すると、追い越し車線を走る黒いワンボックスカーが、私の横に並んできた。ワンボックスカーをチラ見すると、運転手と、一瞬、目が合った。運転手は、…

表現することは生きること

表現をするということ。 絵でも、デザインでも、音楽でも、書き物でも、コメントでも、どんなことでも、何かを表現する行為は、あなたの中にあるものを、外に向けて吐き出している。 あなたが、良く見せようとして、きれいごと並べていたとしても、取り繕っ…

Planet-earth-3

ずっと、天気が優れない日が続いていたけど、久しぶりに晴れた。 こんな日は、ツーリングに行くに限る。 実は、絆愛(りあ)と私は、バイクを持っている。 私は、ヤマハのマジェスティー。絆愛はベスパ。バイクは、スクーターだけど、50ccのスクーターで…

Planet-earth-2

母の顔が曇った。一瞬だったが、顔が曇ったのを私は見逃さなかった。 「そうなの。そういえばよくみるわねぇ。」 いま、テレビの画面に映っているあの男は、実は、母の昔の夫ということのようだ。あの男は、母と同棲していたらしく、私が母のおなかの中にい…

Planet-earth-1

(・・・目覚めるときがきました。もう準備はできています。さぁ、目覚めなさい。・・・)暗がりの向こうから、声が聞こえる。暗がりの向こうには、小さな青い玉が見える。「誰?誰なの?何のこと?」すると、青い玉から七色の光が放たれ、七色の光が束となり、光…

ちょっとブレイク

1話から14話まで、ご覧いただいた皆様、本当にありがとうございます。転生編は、地球へ転生する前なので、「人」という表現を使いたくなく、また、登場するキャラクターに名前も付けずにストーリーを進行しました。それでも、キャラクターの違いを想像し…

Planet-14

転生ゲートの直前で、小さな部屋の前で、立ち止まった。この部屋の入口は、赤い扉だった。 担当者がおもむろに話し始めた。 「それでは、転生の前に、ここで、もう一つしておくことがあります。あなたが先ほど計画した内容に沿って、その計画が、なるべく計…

Planet-13

「これから、地球でのあなたの人生をサポートさせていただきます。どうぞ、よろしくお願いします。」 黄色いカウンターの受付は、事務的で自動的な対応だったが、この担当者は正反対だった。とても柔らかな対応でいて、さらに、誠実そうで信頼できそうな印象…

Planet-12

地球係のカウンターで、受付に話しかけた。 「はい。では、こちらのメディアにですね、必要な事項を念写で記録ください。記録は、あちらでお願いします。記録できましたら、またこちらのカウンターにお願いします。」 指定された場所に行き、記録スペースに…

Planet-11

宇宙転生センター。 とても大きくて、立派な施設で、圧倒される。 真っ暗な空間に、白亜の施設が浮かんでいる。 宇宙転生センターでは、星から星への転生と、星内での輪廻を一元管理している。 ここで、手続きして、正式に転生や、輪廻をするようになってい…

Planet-10

それから数日後。今日は、いよいよ転生の日となる。 この星の最後の日だ。 この星には、また戻ってくる。また戻ってくるのだけれど、いつ帰れるのか。 そう思うと、なんとなく寂しくも感じる。 それでも、地球に行けるかと思うと、ワクワクもする。「それじ…

Planet-9

会場に着いた。 「とうとう卒業だね。長かったようで、早かったね。」 「そうだね。あっという間だったね。」 似たような会話があちらこちらから聞こえてくる。 クラスメートが近づいてきた。このクラスメートは、同じ太陽系に転生していく。確か火星といっ…

Planet-8

細長い弧の形をした衛星が、地平の彼方へ沈み、空は真っ黒になる。 真っ黒い空の端から、まるで、空の果てに向かうかのように、尾を引いた星が流れていく。 どのくらい眺めていたのだろうか。ぼーっと、眺めていたら、地平線から恒星が頭を出してきた。徐々…

Planet-7

とうとう、最終希望調査の日がやってきた。 ずっと、とぼけてきたが、今日は、最終的な決意表明をする日でもある。 今まで、はっきりさせてこなかったのは、いま一つ自信を持てなかったからかもしれない。 大変と言われている地球への転生を。「・・・くん、・・・…

感想。

Planet、まだ続きますが、ちょっと感想を。なにげに、1話目を書いてみたら、そのあとも続いてしまって。 全体構想があるわけでもなく、思いつきで更新しています。なので、細かい設定はご容赦を!それにしても、連載するのを生業にしているって、大変なこと…

Planet-6

「よぉ、今日は塾長のレクチャーだな。この間の続きだよな。地球の話だったよな?」 「そうだよ。地球の話。」塾長のレクチャーは、言ってみれば、雑談のようなものだ。各星々を巡った旅行記みたいなものを、その星の変遷も交えて話してくれる。「やぁ、諸君…

Planet-5

その後、幾つかのクラスを修了した。 明日は、待ちに待った塾長のレクチャーを迎えることになった。塾が終わり、いま、お迎えを待っている。「ねぇ、どこの星に転生したいの? 人気があるところは、適性と抽選なんだって。人気の無いところは、すんなり決ま…

Planet-4

宇宙船操縦のクラス。 宇宙船操縦クラスは、下級と上級がある。宇宙船操縦の初級クラス上級クラスの指導教官は同じだ。指導教官は、凛とした感じで、精悍な雰囲気を醸し出している。 「きみたちは、かつて、はるかはるかの大昔に勃発した最後の宇宙大戦Xが…

Planet-3

次の塾長のレクチャーまではしばらく期間がある。 それまでに、課題がある。 宇宙船の操縦をマスターしなきゃいけない。宇宙船は、意志エネルギーで動く。意志をコントロールしないと、うまく飛んで行かない。飛ばなかったり、明後日の方向に飛んで行ったり…

planet-2

この星は、近隣の宇宙空間で最も明るい星。 ヒューマノイド型の生命体が棲息している。ここに集まっているヒューマノイドたちは、この星の天才たち。 ここで英才教育を受けて、卒業と同時に、各星々の生命体として転生していき、それぞれの役割を果たしてい…

Planet-1

あそこに見える星。 目が醒めるように美しく。 光に照らされて青く輝く。近づいてみると、緑色と金色をした大地があり、大地の一部から赤色が吹き出しているのが見える。「あの星には、二足歩行する生物がおる。 あれらは、生きるために、物質を集めては消費…

Be

ダラダラと、とりとめの無いことを書き記す。 テクニックなど知らず、ただ浮かんだことを書き残す。ある人から見れば、理解しにくいことが書いてあると思うかもしれない。 それでも、書いてみれば、幾人かには読んでもらってる。しかも、理解してくれる人ま…

Freedom

自由になりたい。 って思うよね。何から自由になりたいのかは人それぞれだけど。身の回りからの強い同調圧力。 みんなと同じでなければならぬとかね。みんなと同じである必要ないよね?って思いつつも、みんなと同じにしとけば無難という意識も働く。ってこ…

The Fact

一つの事実も、切り取り方一つで全く違う情報が伝わる。情報を伝える人の立ち位置によって、その情報から伝わるものは、悪魔にも天使にもなる。直接接した事実以外は、全て伝達した人のフィルターを通って伝わったもの。 だから、盲信は避けたい。一方的な情…

Karaoke

ひさしぶりにカラオケ行きました。しかも一人で。2日続けて。 1日目は2時間歌いっぱなし。 2日目は1時間歌いっぱなし。とにかく、お行儀良くしないで、吐き出すように、目一杯。 ちょっとくらいテンポがずれてても、音程が外れても、下手でも、気にしな…

Piece Of Moon

やっと君を見つけた。 月が満ちた夜。 君と出会うのが今だったなんて、なぜ? 神様のきまぐれ? 神様はどうしてそんないたずらをするのだろう。 光輝く君。透明感あふれる君。 本当の姿を知っている。僕だけは知っている。 あのとき、君は、とても寂しそうだ…

Absolutely

一つの考え方は、あくまでも一つの考え方であって、絶対ではない。当初想定していなかった結果が待っていることもある。たとえば、その当時はある意味、正しい側面を持った考え方だったとしても、時代が下れば、その正しさが仇となる場合もある。あるいは、…

Go With The Flow

明らかに流れが変わってる。そう思うことはありませんか?今まで、よくお会いしていた方々と急に縁が遠くなったり。新しい人とお近づきになったり。それは、本来、自分がいるべきところに向かっているのかもしれません。すでに、いるべきところの入口のまえ…

Self-Satisfaction

うまくやってやろう!うまくやりたい! と思うことは自然なこと。でも、それは、自己満足のレベルというもの。 自己満足だけでは、人は感動しない。 それをしたいと思う情熱だけもって、自分を調律して、あとは、まるで天に任せるように、神に委ねるように、…

Fire

赤くゆらゆら揺れる炎。 一見、弱々しく見えても、実は高温の青い炎。火は温めたり、燃やしたり、明かりを灯したり、いろいろな作用がある。火というエネルギーをとおして、化学反応を起こし、新たなものを生み出す。灰になって無に帰する。火は新たな始まり…

Express One'sself In Some Way

押し殺さず、表現すること。感じた感情をなかったことにすることを習慣にしていると、何がしたいのか?ってことがわからなくなってくる。 だから、感じたことは表現したほうがいいよね。 嫌なものはイヤだし、好きだと思うのはスキだしね。 それを素直に表現…

Be Careful

周りの人のアドレスは、ときとして、人を不幸にすることがある。例を挙げてみれば、例えば、どんな事情があるにせよ、世間体とか、なんとか、かんとかという理由で、他人にガマンを強いる助言が、後々になって、不幸に導くこともある。その助言を受け入れた…

Passion

パッション。あるにはあったが、今まで、全面に出してこなかったかな。 だからといって、体育会系のノリのようなものでは無く、アホみたいに熱い、暑苦しいというものでは無く、激しいばかりの感情というのでも無い。勢いよく流れる川から自然と発せられる音…

Suddenly

青天の霹靂とは、このことだ。あなたが結婚の報告をしているのを見かけた。 突然のことで、言葉がない。 何をどう表現したらよいのかわからない。あなたが、あの人と長い間出かけるのは知っていた。 まさか、永い旅の契りを交わすとは思わなかった。あのとき…

Believe

どんな状況であろうと、私の人生を目一杯生きる。例えば、 自分から見て、他人がどんなに活躍していようと、 自分から見て、他人がどんなに凄かろうと、 自分から見て、他人がどんなに納得いかないことをしていたとしても、 自分の生きようとする方向に沿っ…

Focus

この写真見て、何を感じますか?スマホで、木々の中から見える太陽を焦点を合わせず撮ったら、こうなりました。この写真は、同じ場所から、スマホで太陽に焦点を合わせて撮ったもの。太陽という事実には変わりありませんが、どのように切り取るかで、違った…

Care

今よりもっと若いときは、年取っても動けるように体を鍛えねば!と思っていた。 でも、今は、体を鍛えるだけでは足りず、体の手入れをせねば!と思っている。怪我もしやすくなるし、回復も遅くなるし。言ってるだけでなく、実行せねば!

Setting

出会う人は、いろんなところでつながっている。出会う人と、特に仲が良いわけではなくても、間接的でも自分に関係するその人たちは、いろいろな動きをしていることがわかる。 どことどこがつながっていて、どことどこがどう動いていて、といった具合に。例え…

Family

「内縁」という言葉があるが、ご存じだろう。 内縁の妻(or夫)は家族なのだろうか? 「内縁」は、Wikipediaによれば、「社会一般においては夫婦としての実質をもちながらも、婚姻の届出を欠いているために法律上の夫婦と認められない関係」のことを指すらし…

Emotional Well-Being

エネルギーの低いところにいると、 自分のエネルギーも、下に引っ張られる気がする。例えば、その店の雰囲気、店員の態度、お料理の鮮度など、その低いエネルギーに触れるだけで、気分が下がる。気分が下がると、ネガティブ発想が強くなり、攻撃的になったり…

PDCA

やってみて気づく。 改善してみる。また、やってみて気づく。 さらに、改善してみる。またまた、やってみる。もう無理だと思ったら、止めでもいいよ。 もう絶えられないと思ったら、止めてもいいよ。 やっぱり違うと思ったら、止めでもいいよ。違和感抱えた…