返ってきたミトラ通信

おおいなる調和を目指してしなやかに生きる。

7/20の伝言

過去生で、占星術をしていた。しかし、その時代は違う国からもたらされた占星術のほうが勢力があり、あなたの占星術は当時の時代に合わず、他の勢力から苛められていた。今、時代は変わり、現在は星の配置が当時とは異なる。今の時代の星の配置を全て覚えな…

枠を超えていく

スタンスどのようなスタンスでいるのかが大事。 スタンスは意識と置き換えてもいいし、思想と置き換えてもいいし、考え方と置き換えてもいい。いままで培ってきた自分の中の概念は、本当にそれでいいのか?疑ってみる。疑問に思う。 広い視野で、高い視点で…

雪解け

雪解け草木に積もった雪 お日様に照らされ、一部が溶ける。 光に照らされて、雪解け水が流れている。 雪の中に閉じ込められた澱とともに。 流れていく。 光に照らされた雪は、輝きを放ってる。 嗚呼、早春の雪景色。 息を呑むような美しさ。

水の星

水はあまねく行き渡る 分け隔てなく どこまでもどこまでも 果てしなく水はいつでも行き渡る 分け隔てなく どこにでもどこかにも 果てまでも水を止めるのは人 富める人は一時 水を枯らすのは人 溢れる水は一時 水が枯れるとき 人も枯れる水は形を変えて現れる…

Desire of Intense Light

強い光の願い。強い光を放ったからといって、 他の光を消すということにはならない。強い光を放ったからといって、 他に影を造るということにはならない。強い光を箱の中に閉じ込めても、 強い光であるが故に隙間から漏れ出る。箱の中から出たいとも思うし、…

ことば

悪口:①十悪の一。荒々しく人を罵ること。その言葉。②人を悪く言うこと。その言葉。 陰口:その人のいない所でいう悪口。 (三省堂「大辞林」より)こうしてみると、悪口というのは、「悪くいうこと」の定義によって、悪口になるか、ならないか、ということに…

他人が教えてくれること。

人の振り見て我が降り直せ!とはよく言ったものですね。元々の原因が自ら発していたとしても、直接的にでも間接的にでも、他人の振る舞いで、気分を害することがあるかもしれません。又は、いわれのないことを見聞きしたとき、やはり、気分を害することがあ…

多面性

多面性。自分の中の多面性。どれが本当で、 どれが偽物というものではない。 どれも本物の自分。そのとき、そのときで、 どれが好きな自分かということ。 ただそれだけ。どんな聖者だって、 自分を売り込むときは、 ブランディングしている。かも。裏を返せ…

ダラダラと。

先日、アトランティスだの、プレアデスだの言ってる方に出会った。そういう話は嫌いではないし、むしろ、面白いとさえ思う。そう。好きだから。一方で、まだそんなこと言ってるの?とも思った。それが悪いというわけはない。その先に行かなければならないの…

チャレンジ

進化への抵抗が起きている。今まで自分では、もう立ちゆかないところまできている。そんなメッセージが方々からきている。生み出す側へ、どうシフトしていくか。まさに転機。チャレンジし続けてきたと思っているけど、より一層のチャレンジが求められる。苦…

葛藤

葛藤。ずっと抱えている葛藤。破りたい自分と、守りたい自分。 なりたい自分と、なれない自分。 産み出したい自分と、産み出せない自分。 できると思ってる自分と、できないと思ってる自分。この根底にあるのは、恐れ。 恐れすら幻想にすぎないのに。後悔す…

力を信じて

何が楽しくて続けていられるの? そう聞かれても、答えは見つからない。 嫌いなの?面白くないの? そう聞かれても、それは正しくない。 ただ分かっているのは、 ただただ納得いくものを作りたいだけ。 狭い世界の中に閉じこもっていても、 全貌は何も見えな…

目覚めってなんですか?

目覚めってなんですか? スピリチュアルな世界観では、目覚めとかいう用語があります。 目覚めは、悟りとも、エンライトメントとも、覚醒とも言うみたいです。 正直言って、目覚めとは何をもって目覚めとするのかがわかりません。 目覚めが自覚できるのかも…

創造した世界について

創造した世界しかない。 創造した世界しかないってなんだ? って思いますよねぇ。 それでもいいます。 結局は、想像した世界しかないのですよ。 あなたの人生は、それまであったものではありません。 創造した世界とは、 あなたの人生をあなた自身の手で、 …

思いつくままに22

打算で付き合うことの虚しさ。まぁ、こういう付き合いはよくあることですね。 つながりをリセットしてしまいたいと思うこともあります。強制的にリセットされる関係もあります。打算的な関係でなかったとしても、どの環境における付き合いも、全く悪くことは…

思いつくままに21

権力を笠に着る。こういう人が嫌いなんですね。だから、人の上に立つ人には ちゃんとしててもらいたい。ちゃんとしててとは、 立ち居振る舞いのこと。実るほど、頭を垂れる稲穂かな。 アメリカのエグゼクティブ層ほど、 言葉使いは丁寧なんだとか。実力はあ…

ある光景から

東京駅で見た光景。この時期は修学旅行で東京に来る生徒さんたちが多いこと。 で、学校の先生が、生徒たちの前で、注意事項を説明しているようでした。先生は大変ですよね。 生徒たちが無事に帰宅できるまで、面倒見なければならず、みんなが言うこと聞くと…

酔っ払いの戯言のように

自分に嘘をつかないで、やりたいことをやろう!と言われますが、これは、結構深いことですよ。これは、表層意識で考えていることの範囲ではなく、本当に深層の意識の範囲からくることなのですよ。心から湧き上がることですね。やりたいと思うことは、頭でひ…

思いつくままに20

大相撲の春の巡業において、土俵上で、 挨拶中に倒れた市長を救命中の女性に対し、 「女性は土俵上から降りてください。」 といったアナウンスがあったそうな。こういったことは、 大相撲は神事につき、 女性は土俵に上がれない。 という伝統に基づくものか…

悠々自適

歌ったり、 お花挿したり、 和歌の真似事したり、 俳句の真似事したり、 短編小説もどき書いてみたり。下手でも、 けっこう楽しいものですね。 誰かに評価されるでもなく、 勝手流がいいのです。これで、 絵を描いたり、 書を描いたり、 悠々自適に暮らせた…

自分であること

早いもので。 明日は春分の日。新年だろうが、 なんだろうがいいんです。本当にやりたいことを やりましょう。 出来不出来はおいておいて。本当にやりたいことするには、 まだまだ力不足ということと、 本当にやりたいことに まだ曖昧さがあるということ、 …

始まりと終わり。

春分ですね。始まりは終わりの始まり。 終わりは始まりのための終わり。 循環して、 また戻ってくるように思えても、 同じところではなく、 少しずつ、 階層は異なる。他人のコンテンツで人が呼べる というのもすごいことだが、 自分のコンテンツで人が呼べ…

お疲れ様モード

全部消してしまいたい。 もう全てと関わりたくない。 全てを終わりにしてしまいたい。 全く違う関わりの中に身をおきたい。 それもあり。今までやってきたこと。 意味があった? 今まで感じてきたこと。 そう思うようにしてきただけ?そんなことはない。 意…

正義って?

クーデター。成功すれば、 正義となり、 失敗すれば、 ただの反乱にすぎなくなる。 勝てば官軍、 負ければ賊軍というやつです。背景はいろいろあるにせよ、 たとえば 源平合戦、元弘の乱、関ヶ原の戦い、明治維新 たとえば、 承久の乱、本能寺の変、大塩平八…

春ですね。

ついこの間、雪が降ってたと思ったら、 もう、桜が咲きそうなんですよ。 早すぎますね。ある方のお話で、 時間は未来からやってくるのだとか。それも一理あると思いました。 だって、物理学の世界でさえ、 時間の概念は無いという証明を 試みられているので…

楽しみ遊ぶ。

「盤遊」 あちらこちらをめぐり楽しむこと。 楽しみ遊ぶこと。「楽しいだけではダメだった。そこに喜びがなければ。」 と仰っる方がいらっしゃいました。楽しみ遊ぶ。 という言葉の背後には、 「喜び溢れる」 という概念も含まれいるのでしょう。「アホにな…

どう生きたいのか?

結局、自分がどう行きたいか? ということだけ。何に楽しみを見出していくのか。 それは人それぞれ。誰かの助けを借りることはできる。 誰かを助けることもできる。でも、自分の人生は、 自分が楽しいと思うことを、 自分で企画して、 自分で責任を持つとい…

もう一つ

仕事ばかりに追われていると、 自分の中の世界が狭くなる。仕事に追われていると、 スキルアップにはなりますし、 こなすチカラは着きますし、 専門性が高められることもありますし、 自信も生まれてきます。今はそういう選択をしているんでしょ? と言われ…

私を生きるための宣言

いよいよ、明日は、地鎮祭。とうとう動き出すときが来ました。安心を確保するために、 自分の安心を確信するために、 安心して暮らすために、 この地に根を下ろします。 どうかお力添えをお願いいたします。そして、緊張しないで、 心身ともに緩やかに、 心…

思いつくままに19

意識を自分の中心に向けると、 恐れとか、不安とかってものが、 見えてくるものです。それは、本当は、 芯の部分の周りに付随している、 不純物に過ぎないのであって、 その先を本当に覗いてみると、 純粋な自分自身のみが存在しているのです。本当は何者に…